教室トピック

10月のおんがく教室

ここ最近、特に弦楽器がよい音で鳴っています。
人にも楽器にも心地よい季節となりました。

10月は、発表会に出演する生徒のソロ曲を決めます。
生徒にとっては、いつも以上に音楽を深く追求できるチャンスとなります。またご家族にとっては、普段見ることのできない成長を感じていただける、やはり絶好のチャンスとなります。
家族や友達、そして同じように音楽を学んでいる人達の前で、たった一人でパフォーマンスするわけですから、しっかり準備をしなければ恐怖に襲われるかもしれませんが、これから練習を積み重ね、同時に自分と対話しながら過ごしていく日々は、格別な充実感があるはずです。

先生も、披露する曲を決めないといけません!
先生の努力の形を見てもらうのも必要ですね。

発表会メインの約半年ですが、発表会に出演しない生徒のレッスンも変わらずにあります。
教室が発表会に向かっているこの時期は、先生の気持ちが高ぶっているためか、出演のない生徒のレッスンも盛りだくさんになります!楽しくレッスンしましょう♪

 

少しずつ木の葉が色づいてきましたね♪
2017年10月02日

第16回グリーンリーフ・コンサートのお知らせ

今日から9月。季節の移り変わりを感じるようになりました。

夏休みが終わると、「そろそろ発表会の準備だな~」と思うようになります。
来年は、いつもの3月から少し時期を早めて、2月末に会場をおさえました。
ソロの曲、合奏の曲。演奏者が輝いて見える曲を、これから考えていきます。

第16回 グリーンリーフ・コンサート

2018年2月25日(日) 13:00開演予定
入間市文化創造アトリエ・アミーゴ スタジオ

2017年09月01日

6月のおんがく教室

わあ~、早いものでもう6月。
ホームページの更新をしないまま、時間が過ぎてしまいました。

 

おんがく教室は、年間最大のイベントである発表会が終わると、春夏は穏やかに日々のレッスンが続きます。
その間、進学や転居など環境の変わる生徒も出てきて、生徒を通じて、季節の流れを知る時期でもあります。
慌ただしい中でも、生徒は熱心に教室に通ってきてくれます。元気な姿を見ると、嬉しく感じます。

 

さて、6月。

教室の行事ではありませんが、生徒が一人、母校のイベントで演奏を披露します。
多忙な中、練習に励んできました。
その成果は早くから演奏に現れていて、演奏技術の向上だけではなく、音の表現の仕方、音楽のとらえ方、そして本番が近づいてくると、お客さまに聴いていただく演奏をするには?といったところまで踏み込んだレッスンができました。

きっと、充実した気持ちで報告をしてくれると思っています。

 

日々の練習とレッスンを積み重ねて、音楽を自分の自信としてくれる生徒が増えていくように、先生はこれからも頑張ります。

雑草の中に、ひときわ大きく咲くバラの花をみつけました。

2017年06月01日

1月のおんがく教室

明けましておめでとうございます。
新井葉子おんがく教室は、ご縁ある方々が、音楽を通じて日々の生活にキラリと輝きを感じられるよう、今年も進み続けます。

 

2017年の目標
  試みて、そして伝える


昨年より導入したIT機器を利用してのレッスンでは、生徒の興味が強く感じられ、レッスンや個人練習の効率が上がりました。
今年は、その成果を具体的に、このホームページで発表できればと考えています。

最後に、1月のおんがく教室は、発表会出演の生徒は演奏曲をより深いところまで学びます。
出演のない生徒は、レッスンの中に録音録画を取り入れ、客観的に自分の演奏を鑑賞して、より向上するにはどうするか?一緒に考える、といったことに挑戦したいと考えています。

今年も一緒に頑張っていきましょう!

写真は、おもしろい形にカットされた木です。
左はハート、右はミッキーマウスみたい(^^)

2017年01月06日

第15回 グリーンリーフ・コンサートのお知らせ

新井葉子おんがく教室の発表会「第15回 グリーンリーフ・コンサート」の開催が決まりました。

新井葉子おんがく教室発表会
第15回 グリーンリーフ・コンサート

2017年3月12日(日曜日) 13:00開演予定
入間市文化創造アトリエ・アミーゴ スタジオ

ここ最近のグリーンリーフ・コンサートは、参加希望制をとっています。
おんがく教室の生徒を中心に、フイヤージュ弦楽アンサンブルのメンバー、時には参加者の音楽仲間も一緒に、ソロやアンサンブルを発表し、聴き合っています。
コンサートの最後は、恒例の大合奏。今回は「ラデッキー行進曲」を演奏します。
年齢、演奏キャリアが様々なミュージシャンたちの合奏は、笑顔にあふれ、毎回とても思い出深いものになります。

 

2016年12月12日
» 続きを読む